10月27日 新店舗 1

 来月中に新店舗がオープンするらしい。急行が止まる駅の駅前店。開けときゃ儲かる(はず)即戦力の店らしい。

 新規オープンに鼻の穴を大きく膨らませているのは正直言って運営側だけで(会ったこともない)、仕事が増える社員と社員を奪われるバイトにとってはちっとも嬉しくない話だ。賃金は変わらず(時間給の悲しさ)負担だけが大きくなる。

 

 11月のシフト表からは予想通り社員の名前が消えた。社員を頭数に含めないシフト表はミニマリストのクローゼットのようにすかすかで、この先1ヶ月は続くであろうバイトのしんどさが容易に想像できると同時に社員が疲弊する未来も見えた。なぜなら、埋まらないままのシフトについてはそのほとんどを社員が引き受けることになるからだ。

 開店までの準備期間はまだしも、オープンしてしまったらそれこそ常軌を逸したスケジュールになるのだろう。

 A店で13ー22時。B店に移動して0ー9時。仮眠を挟んで再びA店、移動してB店なんてスケジュールが月に数回訪れる(に決まっている)。終日休みはたぶん1日もなくて、新店のシフトが上手く回り始める頃には継ぎ目なくそのまま年末年始の鬼シフトに突入していくことになるのだろう。丸一日休みを取るのは2月頃?

 

 働いた分だけ報酬が支払われているのならまだ納得がいくものの(他人事ながら)、まぁ…どうでしょうね。手取りで30万円を超えているってことはないでしょうね。

 出入りの業者曰く、「社員でも手取り20万超えてないやつ多いぞ」。その人は各店で「あんた社員?バイト?(社員だったら)給料いくら?」と聞いて回っているらしい(転職を考えてい「た」んだって)。

 本当の金額を教えていたとは限らないけれど、ある社員が(僕がバイトしている店舗の)雑談の中で漏らした話と総合すればその金額は遠くはないだろう。

 同じ勤務時間・時間帯でシフトに入るフリーターだったら時給計算で30万を超えそうだけど、社員となると…。自分の中で何かを麻痺させて麻痺させて、麻酔が効いているうちに舌噛み切ってやんぜ的な無茶苦茶な思考でもって正社員だから仕方がないと思い込むことにしているんだろうな。

 僕は無理。その根性がない。だからフリーターなんだよと言われるだろうけど、だったらフリーターのままでいい。

 仮に正社員だったとしたら。本気で想像した場合、「正社員だから」という理由一つでこの状況を引き受けるだろうか…?